PET HOUSER

リフォームコラム

お庭にウッドデッキはいかがですか?

お庭を整備すると次にほしいものは「ウッドデッキ」ですよね。
わんちゃんが走って遊ぶ姿をウッドデッキでパラソルの下でお茶を飲みながら眺めるなんて優雅なこともできちゃいます!

最近のウッドデッキ材もさまざまあります。

〇天然木-イタウバ

PETHOUSERのテラス席のウッドデッキで使用されています
水中で用いても30年以上はもつと言われるほど耐久性に優れているものです。
通常、ササクレやトゲ、割れの、害虫や腐食の予防するために4~5年に1度、塗り直しのメンテナンスが必要ですが、木自体に油成分がたっぷり含まれているイタウバであれば、塗り直しのメンテナンスがいりません。また油成分が含まれているため、害虫を寄せつけづらいのが特徴です。

その他にも天然木資材ではレッドシダー、レッドウッド、サイプレス、セランガンバツ等が一般的ですが、イタウバより高価ですので、イタウバがおすすめです。

〇樹脂系(合成木材、人工木)

樹脂系の樹脂木は気の粉と樹脂(ポリ)を混ぜわせて生成されたハイブリッド建材で、屋外に使用する際の天然木の弱点を補うものとして開発されたものです。
質感は遠目から見れば天然木と違いがわからないほど精巧な作りになっています。
耐久性が高く、防腐処理をしなくても腐食せず、害虫による被害もありません。
デメリットとしては樹脂木は天然木と比べ、熱を吸収しやすく、夏場は熱くなり、裸足では歩きづらいです。樹脂木の方が天然木より高価です。

〇ウッドデッキの造りについて

ウッドデッキの下にわんちゃんが潜り込んでしまうと大変なのと、野良ネコちゃんが住み着いてしまったりするので、下はふさいでしまうことをおすすめします。
しかし、そうすると雑草が生えてきてもメンテンナンスできなくなってしまうので、ウッドデッキは必ず防草施工をしてから施工するようにしましょう。

また段差が高いと小さなわんちゃんはあがれなかったり、転落の危険もあります。
滑りどめのついたスロープをつけてあげたり階段を付けてあげることもできます。

パラソルではなくオーニングにしたり、パーゴラをつけたり、ウッドデッキはアレンジが自由自在です。
ウッドデッキだけでなく、目隠しのフェンスや、ゲートの作成なども承っておりますので、「どんなお庭にしたいか」妄想を膨らませてぜひご来店ください♪

お問合せ
わんちゃんや店舗の質問は
下記までお気軽にお問合せください。
PET HOUSER(ペットハウザー)@西八王子
042-683-2827
プライバシーポリシー