PET HOUSER

リフォームコラム

飛び出しや段差に注意!愛犬にとって危険な玄関廊下の改善方法!

愛犬家の皆さんは、わんちゃんと暮らしていてヒヤッとすることはありませんか?
年間20件以上事故報告が上がる玄関や廊下。
散歩の時に飛び降りて怖い、玄関で準備中に飛び出す可能性が怖い。
外と家の境目だからこそ、気を付ける事がたくさんあって愛犬家のみなさんも日々気を使っていませんか?
今回は、「玄関」「廊下」この二つの場所で起こりうる危険なこととその対策をご紹介したいと思います。

「玄関」

・段差が登れない、上り下りが怖い
玄関の段差に上り下りがしやすくなるように小さい階段やスロープをつけると仔犬でも上り下りしやすくなります。

・高齢犬になり目が悪くなってから段差から落ちそうになる玄関にゲートを置くと段差から落ちそうになることも防げるのでおすすめです。
ただ人の出入りにはちょっと面倒な部分もあります。

・脱走防止
玄関にリードフックをつける方法や、前述のゲートをつける方法があります。

・買い物終わりの荷物の誤飲・誤食
玄関に買い物の荷物を置くときに愛犬の手が届かないちょっとした台があると誤飲・誤食を防げるので安心です。

・観葉植物の誤飲・誤食
観葉植物には愛犬に害があるのも多いので、できるだけ置かない方が良いです。

・誰か来て対応していると玄関に走ってきて降りてしまう
ゲートを取り付けるなどしてリビングから出ないようにする。

「廊下」

・愛犬が廊下で滑ることがある
対策としては、滑り止めシートや吸着マットを敷くことで滑るのを比較的軽減することが出来ます。
リフォームで廊下の床を CF(クッションフロア)にすると、滑りにくくなるのでわんちゃんの怪我防止にもなります。

ペットリフォーム『フローリング』のお悩み解決

・勝手に部屋に入ってしまう
入られたくない部屋の前にゲートをつける方法もあります。

玄関・廊下ではこのように危険なことがあり、またそれを防ぐこともできます。
気なることがあれば、ご気軽にご相談ください。

お問合せ
わんちゃんや店舗の質問は
下記までお気軽にお問合せください。
PET HOUSER(ペットハウザー)@西八王子
042-683-2827
プライバシーポリシー